ヘルスケアミーティング2013

日時:2013年10月26日(土)・27日(日)
場所:シェーンバッハ・サボー

(東京 千代田区平河町・砂防会館別館)
FAXでお申し込みの方:PDF

参加費
シンポジウム(2日目)
のみ参加
ヘルスケアミーティング
両日参加(26日懇親会費含む)
日本ヘルスケア歯科学会会員
歯科医師
8,000円 15,000円
日本ヘルスケア歯科学会
及び準会員 コデンタル
4,000円 7,000円
非会員 歯科医師 18,000円
非会員 コデンタル 7,000円
研究医・学生 1,000円 3,000円
共催・後援・協力学会会員 歯科医師 8,000円 15,000円
共催・後援・協力学会会員 コデンタル 4,000円 7,000円

HPからの申し込みは当ページ、下段。


う蝕減少の時代になぜ若年者のう蝕にこだわるか?
医療者中心ではなく患者中心に歯科医学の進歩を考え、患者利益となることを実現するための学会だからです。


私たちは、予防的な考えに立った歯科医療に自ら積極的に取り組み、さらにそれをわが国のスタンダードとすることを理念としています。2009年に日本で始めてICDASについてのシンポジウムを開催してから既に4年がたちました。すでにICDASに基づくカリエスマネジメントを日常診療に導入している診療所もありますが、まだ多くの歯科診療所では、切削修復治療がう蝕治療のメインです。これは、本来であれば、う蝕に関わる学会が率先して取り組むべきテーマですが、日本には、う蝕学は口腔衛生学会、歯科保存学会、小児歯科学会など多学会にまたがる領域であり、総合的にう蝕治療を変えようという動きが見られません。そこで、学会連携で日本のう蝕治療を変えることをテーマとするシンポジウムを開催します。これは、わが国のう蝕治療を切削修復から疾病管理に大きく舵を切るための、転換点になるでしょう。

杉山精一(一般社団法人日本ヘルスケア歯科学会代表)

 

共催:一般社団法人日本口腔衛生学会

一般社団法人日本ヘルスケア歯科学会
後援:公益社団法人日本歯科医師会 一般社団法人日本小児歯科学会
協力:特定非営利活動法人日本歯科保存学会 う蝕治療ガイドライン作成委員会

1日目(10/26)A会場

13:10-14:50
歯周炎の予防と治療―病因論と時間軸を踏まえて

岡 賢二(吹田市開業)

『病因論と時間軸で語るBiology-Oriented Dentistry』の著者、『ビジュアル 歯周病を科学する』天野敦雄教授、村上伸也教授との共同監修(いずれもクインテッセンス出版)で注目

抄録詳細

(演題)
「病因論と時間軸から見た歯周治療」
(事前抄録)
歯周炎にはいくつかの分類がある。私たちが日常よく見るのは、慢性歯周炎、侵襲性歯周炎であり、リスクファクターによる分類としては全身疾患関連型歯周炎、喫煙関連性歯周炎がある。一般的に分類ができれば疾患はより明確になり治療もそれに応じて決まってくる。しかしながら歯周炎においては、どのような分類がなされようと治療は基本的には同じである。これは何を意味するのだろうか。
診査についてはいろいろ提唱されてきたが、現在日常で行われるのは、プロービング深さ、出血、排膿である。これらはある時間断面のデータであり、これをもってその歯周炎を完全に把握することはできない。ある意味、分類も検査も十分でないのが今の歯周治療の置かれた状態といえよう。
21世紀になって大きな変化があり、歯周炎は口腔内常在細菌による日和見感染と考えられるようになってきた。これは歯周病原細菌を駆逐するのは無理だということを示唆している。つまり一度歯周炎になったら細菌学的に治ることはないのである。そもそも私たちの体には10の24乗個の細胞があるが、その90%は我々の細胞ではなく細菌である。圧倒的多数の細菌と私たちは共生しているのである。
とはいえ現実的には初期・中程度の歯周炎は十分にコントロール可能である。これは常在菌である歯周病原菌のエコシステムを破壊して、細菌数を激減させることができれば臨床的に恐れることはないということである。つまり歯周治療の目的は「病原細菌と生体の均衡を回復し維持し続ける」ことであり、病原細菌を根絶し組織を全く元の状態に戻すのではない。
言い換えると歯周炎と健康は完全に区別できるものではなく連続的なものであるともいえよう。治療後、経過良好であっても、ヒトの人生においては、更年期、リストラ、さまざまな病気、介護、老化、などにより「細菌と生体の均衡」が乱れることがある。その乱れを察知して問題が発現しないようにメンテナンスをし続けるのである。歯周治療は継続することが大切だ。
病因論を踏まえ長い時間軸で患者を診ていった場合に、どのようなことが見えてくるのか、多様な歯周炎の実態を感じていただければと思います。
(略歴)
1977年大阪大学歯学部卒業、歯科補綴学第一教室入局
1982年大阪府吹田市開業、現在に至る
日本ヘルスケア歯科学会会員、日本口腔顔面痛学会会員、日本頭痛学会会員

15:20-16:50
日常臨床から考えるカリオロジー

伊藤 中(茨木市開業)

今里聡教授監修、林美加子教授との共同編集による『削るう蝕 削らないう蝕』(クインテッセンス出版)で注目

B会場 コデンタル・セッション

13:10-14:50
患者さんと自分を守る滅菌システムを考える
―あなたはその器具で治療されたいですか―

15:00-17:40
みんなでステップアップ
―明日からできる医院づくり―

C会場

17:00-18:30
症例報告とディスカッション

 

18:40-20:40 交流会 (全員参加)

2日目(10/27)A会場

特別シンポジウム 日本のう蝕治療を変える
9:50~12:00
趣旨説明 杉山精一

新しいう蝕治療の概念について D.T.Zero

13:10-16:30

シンポジウム

カリエスマネジメントの普及とその問題点の克服
共催 日本口腔衛生学会・日本ヘルスケア歯科学会
後援 日本小児歯科学会
花田信弘教授(日本口腔衛生学会う蝕委員会・鶴見大学)
藤原 卓教授(日本小児歯科学会・長崎大学)
桃井保子教授(日本歯科保存学会ガイドライン委員会・鶴見大学)
杉山精一(日本ヘルスケア歯科学会)
Prof. D.T.Zero(インディアナ大学歯学部)

B会場 スタッフセミナー

歯周病が治るとはどういうことか

関野 愉 (日本歯科大学准教授)
落合真理子(歯科衛生士・ひかり歯科医院)

歯周治療後の治癒形態の特徴と歯科衛生士が行う歯周治療の効果と限界について考えます。講師には、「歯周病学の迷信と真実」を出版され、分かりやすい講演が歯科衛生士の間で評判の関野愉さんをお招きし、歯周病と歯周治療後の治癒についてご講演いただきます。 (落合真理子)
【発表者】
さいとう歯科室(北海道)生富真由美
武内歯科医院(東京都)
小林美佳・仲村麻衣子
千草歯科医院(福岡県)櫻井彩乃
たかはし歯科(愛媛県)
吉弘 幸・山本瑛子