過去の活動 > 設立からこれまで/講演会調査・報告

過去の活動

設立からこれまで

日本ヘルスケア歯科研究会 年表

19971998199920002001200220032004200520062007200820092010

1997
1997.7.10 仮称「歯科ヘルスケア学会」発起人会準備会(東京ステーションホテル会議室)会の名称,設立趣旨,会則案起草
1997.10 事務局を株式会社モリムラ内に設置し,会員募集開始
1998年
1998.3.1 ニュースレターvol.1 no.1発行(以降2ヵ月毎に発行)
1998.3.1 設立総会・記念講演会(日本教育会館)
記念講演・多田富雄(東大名誉教授),大熊由紀子(医療福祉大学大学院教授),会員講師・柏田聰明,熊谷崇,設立アピール採択
1998.6 【調査報告】初期齲蝕の診査における探針使用の考え方
1998.4.4-5 酒田会場第1回(1998年中に第2, 3回)/ヘルスケア基礎コースのスタート
1998.4.11-12 大阪会場第1回(1998年中に第2回)
1998.6.26-27 東北支部第1回スタッフミーティング(旧フォーラムDEWAスタッフミーティングを継承)
1998.8.30 学術講演会(大阪・よみうり文化センター)/「知っているつもりのプラークコントロール」
招待講師・恵比須繁之(大阪大学教授),会員講師・岡賢二,熊谷崇
1998.9 研究会のホームページ開設
▲先頭へ
1999年
1999.1.14-15 ヘルスケア歯科中級コース(1999年に第2回)
1999.2.13-14〜 ヘルスケア基礎コース(酒田第4,5,6回,大阪第3,4,5,6回)
1999.3.13-14

第2回総会・国際シンポジウム(日本青年館)/カリエスフリーを育てる歯科医療
 ・カリエスフリーを育てる―わたしたちの役割 ・初期う蝕の診査と治療
特別講演・Prof. D. Bratthall(スウェーデン マルメ大学),Prof. J. M. Ten Cate(オランダACTA副所長),会員講師・熊谷崇

1999.4.20 研究会会誌vol.1,no.1発行(以降1年毎に発行)
1999.5.15-16 ヘルスケア歯科実践コース(酒田,1999年に第3, 4回)
1999.6.1 事務局を移転株式会社モリムラから有限会社秋編集事務所内へ)
1999.9 患者データ管理ソフト「ウィステリア」頒布開始
1999.10.10 学術講演会(岡山テレサホール)/「初期齲蝕の診査と治療」のために診療室ですべきことは何か?
特別講演・Dr. Lars G. Petersson(スウェーデン・ヘルスケアセンター),会員講師・岡賢二
1999.10.22 患者データ管理実習コース(第1回)
1999.12 アポイント管理ソフト「アポイント管理職」頒布開始
2000年
  【調査報告】フッ化物応用に関する専門家・会員の意識調査報告
【調査報告】患者アンケート調査報告書2001
2000.1.22 ヘルスケア歯科実践コース(第5回)
2000.3.19-20 第3回国際シンポジウム(朝日ホール)/健康を守り育てる歯科医療のために
 ・カリオロジーとフッ化物に関するコンセンサス  ・歯周病の全体像と歯周治療
招待講師・小林清吾(日本大学教授),栗原英見(広島大学教授),Prof. D.Bratthall(スウェーデン マルメ大学),Prof. J. M. Ten Cate(オランダACTA副所長)他
2000.3.4-5〜 ヘルスケア基礎コース(酒田第7, 8, 9回,大阪第7, 8回)
2000.4.16 患者データ管理コース(大阪第2回)
2000.10.28-29

秋季学術講演会(新潟県歯科医師会館)/歯周治療から始まる成人の発症前コントロールへの道のり
招待講師・吉江弘正(新潟大学教授),岸洋志(新潟市保健所)会員講師・岡賢二,本間彰一,日野晃伸

▲先頭へ
2001年
2001.3.18-19

第4回国際シンポジウム(砂防会館別館)/歯科医療における患者利益
 ・Part 1 設立の趣旨に立ち戻って//会員講師・藤木省三,斎藤直之
 ・Part 2 私たちの臨床は患者利益になっているか?
 招待講師・Dr. P. Hujoel(ワシントン大学準教授)ディスカッション・コーディネータ 豊島義博
 招待講師・花田信弘(国立感染症研究所),会員講師・岡賢二
 ・Part 3 歯科医療の近未来像と私たちが果たすべき役割
 招待講師・Dr. M. Allukian(ボストン市保健医療管理局部長),会員講師・藤木省三ほか

2001.3.24-25〜 ヘルスケア基礎コース(酒田第10, 11回,大阪第9回)
2001.4.15 患者データ管理コース(大阪第3回)
2001.5.26-27 ヘルスケア実践コース(酒田第5回)
2001.6.16 第1回歯科衛生士だけミーティング(お茶の水スクエア)
2001.7.29 市民フォーラム(酒田市民文化ホール)
  ヘルスケア歯科コースの東京(事務局)開催への移行
2001.9.1-2 東京基礎コース(2001年内第1,2回)
2001.10.21 第4回秋季学術講演会(千里ライフサイエンスセンター)
歯周病のリスクコントロール診療室でどのように禁煙指導に取り組むか?
招待講師・望月友美子(国立公衆衛生院主任研究院),三條典男(三條医院),会員講師・太田貴志,市来英雄
2001.10.21 禁煙宣言採択
  【調査報告】ラバーダム使用に関わる実態調査
2002年
2002.3.16-17

前夜祭・第5回総会・国際シンポジウム(砂防会館別館)/カリエスリスクと唾液学
特別講演・Prof. Jorma Tenovuo(フィンランド・トゥルク大学教授)
招待講師・野村義明(国立感染症研究所),会員講師・熊谷崇

2002.3.30-31〜

東京基礎コース(第3, 4, 5, 6回)

2002.3.30 東京実践コース(第1, 2回)
2002.4.14 関東支部設立講演会(abc会館ホール)
  【調査研究】唾液分泌に影響を与える薬物服用の実態調査開始
2002.10.27 第5回秋季学術講演会(千里ライフサイエンスセンター)/
 Minimal Intervention 最小限の介入/最大限の患者利益
招待講師・千田彰(愛知学院大学教授),恵比須繁之(大阪大学教授)・中原英臣(山野美容芸術短期大学教授),西川義昌(東京都開業・歯科医師),会員講師・熊谷崇,村松いづみ
  【調査研究】歯科医院リスク分析アンケート調査
▲先頭へ
2003年
2003.3.1 会則大改正(役員・総会・評議員会・運営委員会の廃止,コアメンバー会議設置)
2003.3.8-9 前夜祭・第6回総会・国際シンポジウム(東京国際フォーラム)
患者の生涯を考えた治療介入と予防的ケア
 歯科医療の未来形―予防ケアに軸足を置いた診療のマネジメント
招待講師・Dr.W. Bockelbrink(ドイツ・開業歯科医師)会員講師・千ヶ崎乙文,秋元秀俊

 患者の生涯を考えた補綴的治療介入とリスクコントロール
招待講師・本多正明(大阪・開業歯科医師),藤本順平(東京・開業歯科医師),会員講師・熊谷崇.岡賢二
2003.4.12〜

東京基礎コース(第7, 8回)

2003.7.5-6 第1回認証ミーティング(建築会館ホール)/健康を守り育てる歯科診療所の認証制度スタート
2003.8 歯科衛生士卒後教育プログラムスタート
2003.10.18-19 前夜祭・第6回秋季学術講演会(東商ホール)/バイオフィルム感染症を理解する
招待講師・花田信弘(国立保健医療科学院口腔保健部長),石原和幸(東京歯科大学助教授),会員講師・三辺正人
2004年
2004.2.8 前夜祭・第7回ヘルスケアシンポジウム(中野サンプラザホール)/
歯周病の全体像と歯周治療学の<幹>
招待講師・Prof. J. M. アルバンダー(米テンプル大学教授),村上伸也(大阪大学教授),会員講師.伊藤中
2004.4.17〜 東京基礎コース(第9, 10回)
2004.5.9 第2回認証ミーティング
2004.7.19 第3回認証ミーティング
2004.10.16-17 前夜祭・第8回ヘルスケアシンポジウム(東京国際フォーラム)
基本的な歯周治療の実践―リスク評価に焦点を当てて―
招待講師・横田誠(九州歯科大学教授)

服薬と唾液シンポジウム
招待講師・望月真弓(北里大学教授),斎藤一郎(鶴見大学教授),野村義明(鶴見大学講師)
▲先頭へ
2005年
2005.1.23 ファシリテータトレーニング(東京八重洲ホール)
  【調査事業】全国学校歯科健診 永久歯のう蝕状況調査(2005年調査)
2005.3.19-20 第9回ヘルスケアシンポジウム(都市センターホール)/データから地域保健を考える
招待講師・新庄文明(長崎大学教授),丸山進一郎(日本学校歯科医会),斎藤純一(山形県開業),植木順子(養護教諭),菱沼範子(養護教諭),
井下英二(滋賀県大津健康福祉センター)

「結果」の出せる診療所/「結果」を活かす地域保健
特別講演・Prof. D. Bratthall(スウェーデン マルメ大学)
2005.3.21 第1回診療所づくりミーティング(電通共済会館)
2005.4 「退会にあたって(熊谷崇)」公開
2005.5 コアメンバー会議の公開(毎月開催)開始
2005.6 研究会活動のロードマップ作成
2005.7.10 第1回スタッフミーティング(電通共済会館)
2005.10.1-2 前夜祭・第10回ヘルスケアシンポジウム(東京国際フォーラム)
健康を守り育てる歯科医療へのパラダイムシフト--ヘルスケア型診療所の課題と問題点--
会員講師・藤木省三,杉山精一,足本敦,河野正清,斉藤仁,鈴木正臣,近藤明徳,千ヶ崎乙文
2005.10 会則改正に伴いオピニオンメンバー募集
2005.10.1 正会員歯科衛生士の集い(東京国際フォーラム)
2005.12.3-4 東京基礎コース(第12回)
2006年
2006.4.2 歯科衛生士シンポジウム(東京ウイメンズプラザ)/
感じる歯科衛生士・考える歯科衛生士 招待講師・多田京子(保健師)
2006.4.16 第1回オピニオンメンバー会議
2006.4.23 第4回認証ミーティング
2006.5 【調査報告】歯科医院における禁煙支援の実態調査報告
2006.6 Doプロジェクトスタート
  【調査研究】歯科診療所における初診来院患者の実態調査
【調査研究】診療機関における子どもの定期管理のう蝕予防成績に関する調査
【調査研究】歯科診療所での成人のメインテナンスと歯の喪失についての調査
【調査研究】口腔関連QOL調査
2006.7.9〜 基礎コース(1日開催とし費用を1/4に下げ,東京1回,大阪1回)
2006.7.29〜 歯科衛生士育成プログラム第1期スタート
2006.11.18-19 ヘルスケアミーティング2006(砂防会館別館)
1日目 テーブルクリニックなど多数
2日目 私たちは日本の歯科疾患の疾病構造を変えることができるか? その戦略を考える
招待講師・花田信弘(国立保健医療科学院口腔保健部長),安藤雄一(同口腔保健部),内藤徹(福岡歯科大学教授),会員講師・杉山精一,秋元秀俊
▲先頭へ
2007年
  【調査研究】歯科診療所における初診来院患者の実態調査
【調査研究】口腔関連QOL調査
2007.2 POEM(患者さんへの調査情報フィードバック)刊行開始
2007.3.11〜 基礎コースを改め,ワンデーセミナー(広島,札幌,名古屋)スタート
2007.2.25 第5回認証ミーティング
2007.4-5 歯科衛生士法の改正を求める陳情署名(48,588筆)厚労大臣に提出(提言書を日本歯科医師会会長,日本歯科衛生士会会長に提出)
2007.7.15-16〜 歯科衛生士育成プログラム第2期
2007.10 会員診療所インターネット検索開始
2007.11.10-11 ヘルスケアミーティング2007(東京商工会議所)
20歳までに歯科が責任をもつべきことは何か?/シンポジウム 住民のための20歳までの指針づくり
招待講師・ 内藤徹(福岡歯科大学教授),吉田真一郎(箕面市開業),豊島義博(第一生命日比谷診療所)
患者の生涯の健康を考えるミニマルインターベンション
招待講師・月星光博(愛知県開業)
2008年
  【調査研究】2007年初診患者実態調査(Doプロジェクト 調査1)
【調査研究】口腔関連QOL調査(Doプロジェクト 調査4)
2008.6.8 ファシリテータトレーニング 開催
2008.6.15, 29 ワンデーセミナー(大阪,福岡)開催
2008.7.13 第6回認証ミーティング
2008.10.12-13〜 歯科衛生士育成プログラム第3期
2008.11〜 WEB会議(テレビ会議)形式をコアメンバー会議に取り入れ、月2回の会議を始める
2008.11.23-24 ヘルスケアミーティング2008(川口市民ホール フレンディア)
新発想の診療所モデル ヘルスケア歯科診療を極める
プログラム1からプログラム13を企画し開催
▲先頭へ
2009年
  【調査研究】2008年初診患者実態調査(Doプロジェクト 調査1)
【調査研究】2009年市販小児歯磨剤調査
2009.3.22 最新カリエス予防管理研修会(福岡)開催
2009.5.17 ワンデーセミナー(宇都宮)開催
2009.7 2009年市販小児歯磨剤調査報告 作成
2009.7.12 第7回認証ミーティング 開催
2009.8.24 会員歯科衛生士・スタッフむけ「ハイジー・タイムズ」創刊(以降2ヵ月毎に発行)
2009.10.11〜 歯科衛生士育成コース(第4期)開始
2009.11.22-23

ヘルスケアミーティング2009 開催
「根治・除去,根治・除去,これを「医療」だと勘違いしてませんか?!」

2010年
  【調査研究】2009年初診患者実態調査(Doプロジェクト 調査1)
2010.2.21 DHステップアップセミナー 開催
2010.5.9 ワンデーセミナー(青森)開催
2010.7.4 わかる・できる歯科衛生士セミナー 開催
2010.7.18 第8回認証ミーティング 開催
オピニオンメンバー会議 開催
2010.7.19 ヘルスケアミーティング2010
むし歯予防から「オーラルヘルス・マネージメント」へ--20歳までのお口の健康手帳とその活用法

↑このページのトップへ